2018/09/26

オンザロード主催☆第17回スタディーツアー(バラナシ催行)


ナマステ!
9月のシルバーウィークに合わせて、
オンザロード主催☆第17回スタディーツアーを催行しました。
今回は、1名様のご参加でバラナシ催行となり、
バラナシの3日間を大いに堪能してもらいました!

日本の札幌でお仕事をされているまりこさん。
生まれも育ちも札幌で、暑さに慣れていないとのこと。
まだまだ暑いインドでは、汗を沢山かいてデトックス状態!笑
そんな暑さの中でしたが、まりこさんのご要望を叶えるべく、
可能な限り色んな所に行き、沢山のインドを見てもらいました~♬

☆1日目(バラナシ到着日)☆
前日に、デリーからバラナシまで列車で移動。
1時間程列車が遅れましたが、ホームでスタッフのひろよがお出迎えし、無事に合流。
ホテルで朝食を取ってから、バラナシ観光開始です!
インド伝統衣装のサリー屋さん、本場のチャイ茶葉屋さん、
雨季で水位が上がりボートが出ず、ガートも歩けないので、
火葬場は移動されている建物内まで行き見学。

その後、まりこさんのご希望でサールナート観光!
インドでは少ないですが仏教・仏陀の寺などを散策。
日本寺とタイの寺院もあり、各国の仏陀が見れました。

インドスーパーでお土産を買い、これまた水位が上がり、
今時期、見る事が難しいヒンドゥー教徒のお祈りが眺めれる、
数少ないレストランへ行き、夕食を取りながら堪能しました。

その後、ホテルへ戻り、寝る前にアーユルヴェーダマッサージを受け、
心地よく眠りについたまりこさん。
暑い中1日中観光したけど、最後はマッサージで癒されたみたいです♡


☆2日目(マザーベイビースクール)☆
この日は、学校へ行き子どもたちと初対面!
通常授業はしているので、普段の授業の様子も見てもらいました。
授業後に、子どもたちが作っているフェアトレード商品を一緒に製作!
子どもたちがまりこさんをサポートしたりして、
可愛いストラップが出来上がりました☆

そして、ささやかながら似顔絵を描いてプレゼント♬
「よく見て描く事」を言い続けていますが、
子どもたちの独創性は止まらず、顔の色が…髪型が…と、
突っ込みどころ満載の絵が出来上がっちゃいました。笑


【ちゃんと見て描くんだよ!と言われても…自分のまりこさん像を描く…笑】


【でも、皆真剣に描いています☆】


【まりこさん出来た〜とアリヤン!】


【着ていた服の細かいところまで描いた、ジッテン!】


【午前中先生に怒られ、落ち込んでいたマドゥ。似顔絵時間で復帰!】


【来てくれてありがとう!と似顔絵をプレゼント♡】


【最後にあみだくじで、まりこさんからお菓子のプレゼントをもらいました!】


「また明日ね!」と約束をし、子どもたちは帰宅。
そしてまりこさんも学校から帰って、フリータイムです!
この日は、ヒンドゥー教徒が礼拝に来る、
バラナシで1番有名な「ゴールデンテンプル(黄金寺院)」を見て、
「ヨガ」と「激安買物ツアー」をしました。
普段から呼吸が浅いと言っていたまりこさん。
ヨガで呼吸法を学んでスッキリしたようでした!
激安買物では、自分用、お土産用と可愛い&安いインド服を買い込んでいました!
物価が上がったとはいえ、日本に比べたらまだまだ安いインド。
沢山買ってしまったようです☆笑


☆3日目(マザーベイビースクールからブッダガヤ)☆
この日も、子どもたちと交流!
交流の前に、毎週土曜にある音楽の授業を見てもらいました。
歌が上手い子、ダンスが上手い子と、ビックリされたようでした!
そして交流プログラムでは、
まず幼児クラスで「お絵描き」「シャボン玉」「お手玉」「折り紙」をしてもらい、
4&5年生へまりこさんからのインタビューをしました。

「親から言われていることで大事にしていることは?」
「宝物は?」
「どこの国に行ってみたい?」
「日本はどんなところだと思う?」
「どんな大人になりたい?」
などなど、沢山の質問に子どもたちも真剣に考えて答えていました!
色々なことを数日間で体験したまりこさん。
インプットが多い国インド。
沢山のことが頭に入っていたようです。


【幼児クラスと1年生、沢山遊んでくれてありがとう!】


【Thank you!と子どもたちからのお礼で、もみくちゃに!笑】


【インタビューを通して、子どもたちも有意義な時間を過ごせました!】



この日でオンザロードのツアーは、終了。
ここからは、まりこさん一人旅☆
学校から戻り、次の行き先ブッダガヤへの準備。
電車発車時間が少し遅れていて、
ホテル出発の時は約1時間の遅れ。
しかし!駅に着いてみたら3時間とのこと!!!
乗って来たリキシャーで待ち続けていると、
電車が頑張って盛り返し(稀です!笑)、約2時間遅れでの出発!
数時間の列車の旅、楽しんで下さい!
ここで、添乗させて頂いた私とも涙のお別れ…。

数日間という時間でしたが、とっても楽しかったです!
学校、インド、子どもたちのこと、沢山お話も出来ました。
プライベートな話も…♡笑

デリー→バラナシ(オンザロードツアー)→ブッダガヤ→アーグラ→デリーと、
約10日間のインド旅。
帰国後も子どもたちのこと、インドのこと忘れないで下さいね!

2018/09/11

子どもたちの絵が……なんと!!

ナマステ!
スタッフのひろよです。

日本の夏休みが過ぎましたが、こちらはまだまだツアーの受け入れなどがあり、
日本から来られる方を待ち構えています!笑

今日は、嬉しいことをご報告♡
先月26日、神奈川県茅ヶ崎市の海岸で行われた【FULL MOON祭】。
そのイベントで、プロジェクションマッピングに使う絵を、
子どもたちが描かせて頂きました!
残念ながら、当日はアクシデントがあったようで、
プロジェクションマッピングでのお披露目が出来なかったそうですが、
この企画をしてくれた……Onenessの、
やっちゃんとぶーちゃんに、本当に感謝しています!

Onenessが製作してくれた映像を頂き、
日本ではまだ未発表の物を、インド先行上映させてもらっちゃいました☆

ボランティアの方が持って来てくれた、プロジェクターを使わせてもらって、
まずは子どもたちが描いた絵が、加工された写真を見せました!
白い画用紙に描いた、このイベント製作チーム【Oneness】のスタッフ皆さんの似顔絵。
それが、子どもたちの想像にない加工をされていたのに、皆ビックリした様子。




【こちらはパンフレット!子どもたちの絵がこんな素敵になって♡】


【BOOOCHANを描いたラーム】


【JUNさんを描いたラフール】


【KENさんを描いたヴィカーシュ】


【KIYOさんを描いたナズラーナ】


【MIDORIさんを描いたアニータ】


【UIさんを描いたジュグヌ】


【YASUKOさんを描いたマドゥ】


自分の写真と絵がこんなに素敵なものになり、
他の子どもたちも映し出された写真を見て、
「あ〜!○○だ!!!」と、大盛り上がり!笑

最後に、インド先行上映の映像を見せて、
皆、口々に「うわ〜!」「すご〜い!」などと、終始言葉が漏れていました。

この絵は、子どもたちが数日間かけ一生懸命製作したもの。
写真を見ながら、その人の特徴や着ている服の細部まで…細かく描きました。
絵を描くことは、小さい頃からしているけれど、
子どもたちの情報量が少ないため、題材が乏しい。
そのため、お友達の真似をして描くことが普通になり、
想像して描くことはかなり難しいことでもあります。
日本では「図工」の時間がありますが、インドにはありません。
何か物を作ったりするのも、ほとんどが中学生から。
マザーベイビースクールの子どもたちは、必須科目後に図工の時間があり、
そこでフェアトレード商品製作や、絵画、毎週土曜日は音楽や体育と、
色々な科目が出来る様にしています!少しでも、子どもたちに沢山の経験を…。
音楽の授業では、びっくりする位歌が上手い子も沢山♡
私も先生たちも驚く時間です!



【映像を真剣に観る子どもたち〜☆】


【あれ、○○だ〜!!!と盛り上がり中〜!笑】


【見入っています!】


【素敵な映像ありがとうございました!】



そして、このプロジェクションマッピングを製作してくれた、
【Oneness】の詳細はこちら……☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出逢いは2018年6月8日。
初めて顔を合わせたメンバーたち。

それぞれの環境は違うのに、「人生観」が同じであることに気付くという、
とても豊かな会話溢れる時間を過ごした。

その「人生観」を表したのが、2018年8月26日に開催された、
【Oneness 〜FULL MOON祭〜】

国籍・年齢・性別など様々なことを超え、「みんな1つ」という集合体に…。
とはいえ、まずは自分自身の知らない状態で、
その真意まで辿り着く事が出来るのだろうか?

自分の心の声を聞けなくなってしまった現代の社会で、
本当の自分がやりたいことを見失い、
自分ではない誰かの人生を生き、心の光りが消えている人が増えた世の中。
「常識」という言葉の意味をかんがえることもなく、日々追われる生活。


自分たちにできることは何か。
それは「挑戦」する場と「キッカケ」となる機会が生まれる環境を作ること。

このメンバーでイベントをやろうと決め、約2ヶ月。
大きなトラブルがあって、結果としては「出来なかった」こともあった。
けれど、結果が全てではなく「挑戦」することに意味がある。

1人ではなくメンバーをはじめ、参加者の方々の温かい心や、
それまで作り上げてきた時間、奇跡のような瞬間で上がった花火……
満天に輝く満月の下、全ては必然で繋がっていることを感じる。

【Oneness】に参加することで、
日々追われる人生から離れる時間を過ごし、何かを感じ持ち帰り、
それぞれの人生に優しい時間を生み出すキッカケになれば良い。
ありのままの自分を受け入れ、優しい時間を感じれるようになったら、
自分の心の声が聞けるようになり、
そして、みんなが1つで繋がっていることを感じることが出来る気がします。
そんな時間を与える時間、空間、キッカケを…☆


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当日は、アクシデントで上映が出来なかったですが、
9月25日に、スピンオフ★打ち上げ&上映会★があるそうです!
ご興味のある方、是非いらして下さいね〜!!

https://www.facebook.com/events/865735113625014/?ti=cl

2018/09/03

インドタイムとは何か?

ナマステ!
どうも、ひろよです☆
毎日雨の多いバラナシは、湿度が半端無く洗濯物が乾かない日々です…。
でも、子どもたちは、雨が降るとシャワー代わりに外で大はしゃぎ!
その後、風邪をひいたりしてしまいますが…涙。

さてさて、
日本にも無いですが、インドにもサマータイムと言う物はありません。
しかし、インドにはインドタイムと言われる物があります。
(これは、インド人以外が使う用語ですね。笑)
なにをもって、【インドタイム】と言うのか…。


・何事にも、時間があってないような物。
・天候に左右される物。
・「遅れるのが当たり前だから〜」と諦めるしかない物。
などなど…。


こうしてみると、「大丈夫か?インド。」と思われますが、
インフラがまだまだ整っていなかったりと、国の情勢自体の問題も関わっています。

まずは…


「何事にも、時間があってないような物」の件☆

これは、簡単に言うと「時間にルーズ」!笑
待ち合わせ時間には時間通り来ない。
時間に遅れて来ればラッキーです。
何かを依頼していても、そのまま来ない日もあります。
なので私はいつも「あなたの明日はいつなの?」と問いつめます。笑
でも逆に、少しでも時間に遅れた時は、かなりの勢いで迫られる…。
「何なんでしょうか、この差は…。」と思う位、理不尽な場合もあり。
でも、信頼出来るリキシャーマンやボートマンは時間通りに来てくれるので、
私はそういう方々を大切にしています♡




【朝早くても時間通りのボートマン☆】



そして…

「天候に左右される物」の件☆

これは子どもたちもですが、
雨が多い季節や冬の寒い季節などにことが多く起こります。
「朝から大雨だから、学校は休み。」
「寒いから、学校に行かない。」
「雨だから今日は届け物出来ない。」
などなど…。
「お前は、カメハメハ大王か?!」言いたくなるようなことばかり。
でも、理由がちゃんとあるので仕方ないと目を瞑るしかないのです。
・雨や寒さで学校が休み=通学路がぐちゃぐちゃで行けない。
・届け物が出来ない=重量のある物だと、自転車に荷台がくっついた物での運搬になるため、
商品自体(例えば教科書など)が濡れてしまう。

「う〜〜〜ん…仕方ないですね。」と諦めるしかないことが多いです。




【こういう荷台で荷物運搬します!】




最後に…

「遅れるのが当たり前だから〜」と諦めるしかない物の件☆

これは、よく言われている列車に多いです。
インドの列車は遅れるのが当たり前。
日本の鉄道関連は、時間通りが当たり前ですよね?
数分の遅れにも、クレームが入ったり、ホームからも謝罪の放送が聞こえたり。
凄いですよ、この対応は…まさに神対応です!
インドは、謝罪の放送なんて全くないです。笑
なんで遅れるのか?
インド列車はだいたいが、長距離列車のため、雨や霧の影響でゆっくり走ります。
後は、各駅停車か快速的な列車でも異なります。
各駅停車の場合は、通過待ちをしなければならないため、
快速列車が遅れればその分遅れます。
なので、季節によって遅れが多い季節(雨季と冬)があります。




【霧の季節は要注意!】




後、レストランなども調理場が狭い所が多いので、
お客さんいっぱいになると1時間〜2時間待ちは当たり前。
「今から材料買いに行って…」の店も少なくありません。
「スイカジュース」を頼んだ時も、「スイカ掘りに行ってるの?」と聞いた位。
そしたら、「そうだよ!笑」との返し!笑
こんなやり取りも、私は好きです♡

待つことに慣れているインド人はさほど気にならないみたいですが、
観光客はやっぱり少しとまどうみたいです。
でも、この待ち時間もインドです!

8年いる私でも、この待つことに慣れているインド人に疑問を抱く場面があります。
それは、車・バイク・自転車などの「俺が!俺が!」運転。笑
我先にと、渋滞の隙間をいこうとして、更に渋滞になったりと、
正直「少し待てば良いのに…」と思う所もありますが、
待つことに抵抗がないのに、ここは譲れないんだ?と謎です。

でも、自転車通勤になった私。
この思いが少し解る様になりました。
道路だと、何故かこの「俺が!俺が!」の我れ先運転になるような、
そんな気持ちにさせるような雰囲気があるんです。
理由は解りませんが…。

私は、我れ先運転はしませんが、インド人にも負けないテクニックは持っているので、
周りの人が我れ先運転でも、負けない力を養いました!笑





【交通ルールが皆無なので、渋滞は日常茶飯事です!】



後は、ATMでの待てない人。
こういう人たちは、使用途中でもどかどかと入って行きます。
日本ではあり得ないですよね…。
でも、郷に入れば郷に従えなので、そこはもうどうしようも出来ないこと。

ありとあらゆることが、日本とは違いますが、
それは当たり前のこと。

「だって、国が違う!」

全部同じだったら、旅なんてしませんよね?
色々と違う部分で、ハラハラドキドキすることもあるかもですが、
そういうことも含めて、インド旅楽しめたら最高なひとときになると思います☆

2018/09/01

日本の夏☆インドの夏

ナマステ!
日本の夏休みである8月は、沢山のツアーが来校しました!
ちなみにインドの夏は、酷暑期である5〜6月です。
でも、まだまだ暑いインド。
雨季に入ったため、湿気も多くジメジメした日々が続いていますが、
子どもたちは雨が降ると、大喜びでシャワー代わりにしています。笑

この夏、当校に来校してくれたツアーは、
札幌の教育関係の方々、H.I.S.様・学生団体グループS.A.L.様・明星大学様!
今年も、子どもたちは沢山のことを体験しました。

まずは、北海道札幌で教育関係をしている方々、総勢9名のご来校。
教育に関してはベテランの方揃いで、
質疑応答では教育に対して真剣な思いが伝わってきました。
このツアーでは、主に途上国の貧困現状を調査し、インドを回る!
その1つに、当校が選ばれました。
皆さんとは、屋上でのレクリエーションから、子どもたちへのインタビュー☆
緊張しながらも、一生懸命答える子どもたちを温かく見守って下さいました。



【札幌教育関係の方々☆】



恒例の、H.I.S.スタディーツアーは3回に分かれてのご来校!
それぞれに、子どもたちとの交流プログラムを考えて来てくれて、
大いに盛り上がりました☆
今回から参加者が多い場合、2日間2グールに分けての来校をして頂くことにし、
子どもたちも交流参加選抜に、ドキドキです!
(参加する子どもは、内容によって私が決めています。出席率が良い順に優先!笑)







【H.I.S.様☆】



学生団体グループS.A.L様も、毎年来てくれています!
今年は、予定していた日が祝日となり、他の土地へ行く日となり、
朝早くご来校してもらいました。
時間の無い中、幼児〜2年生のクラスの子どもたちと一緒に、
屋上でボール遊びやシャボン玉をしてくれました。
シャボン玉は取り合いになり、ボール遊びでは子どもたちの暗黙のルールで、
大人が翻弄される場面も?!笑




【S.A.L.様】



そして、初めてのご来校だった明星大学様!
日本から運動会の準備を持って来てくれて、障害物競走やデカパンリレーなど、
初体験なことばかりを実施してくれました。
障害物競走では、最後のお菓子取りを目がけ、一目散にダッシュ!!!
お菓子を紐に付ける皆さんの方が、競争しているようでした。笑


【明星大学の皆さんと☆】



日本での情報では、「インドは危険・怖い」などのマイナスなイメージがあるようで、
行きたいけど1人では…と、ツアーに参加する方が多いです。
オンザロード主催でも、スタディーツアーを催行しています!!!
その内容はこちらから↓


観光あり、インド人ガイドさんありで安心の、
内容も充実しているH.I.S.ツアーもオススメです☆


学生の方々は、元々国際協力や教育に興味がある皆さんで、
「子どもたちと何が出来るか、子どもたちは何を楽しんでくれるか」
などを考え、プログラムを考案してくれています。
そして、現地駐在スタッフへの質問も沢山!
現地にいるから解ること、私も出来る限り知ってもらえるよう、
正直に(笑)誠心誠意答えさせて頂きました!

1人旅でも、友達との旅でも、スタディーツアーなどでも、
インドという日本と全く違う国で体験したことは、
きっと人生の中でも大きなものだと思います。
自分の人生の糧に…
日本からでも何か出来ることをしたり…
将来途上国で働いたり…
と、色々な可能性は誰にもあります。

子どもたちも、いつか日本で働く子が出るかもしれません!
沢山の可能性の芽を、ここマザーベイビースクールで育てられるよう、
毎日子どもたちと一緒に頑張ります!!!
これからもどうぞ、応援よろしくお願いします!
そして、一度は当校にいらしてみて下さいね♡

2018/08/29

おまけ☆スタディーツアーハプニング集!

皆さん、ナマステ!
マザーベイビースクール駐在スタッフ8年目の、ひろよです。
前回のブログに引き続き、ハプニング集をお届けします♡
今回は、私のハプニングが多いですが、添乗員物語りとして、
心の声も混ぜちゃいます!笑

①ランチボックスでのインド人の優しさ…☆の件。
1日目のデリー観光。
皆さんのお昼ご飯を、テイクアウトのランチボックスで注文!
今回のランチは…
・サラミサンドウィッチ
・オムレツ
の2品をボックスに入れてもらいました。
何故か1人に付き2箱…いつもと違うぞ?!と思い、開いてみたら…。
「!!!!」オムレツもパンに挟んである!

ひろよ:「何で?」
店員「サービス!」

そんなインド人のビックリな優しさがありました。

②車がはぐれた!!!件。
デリーからバラナシへの寝台列車に乗るため、
車2台でニューデリー駅へ向かいました。
出発もちょっとギリギリになってしまい、その上交通渋滞が!
それぞれのドライバーが違う道を行き、
1台は駅の正面入り口、もう1台は裏入り口になってしまいました。
「これは、ヤバい…!!!」
ドライバーとの電話でどこにいるのか聞きつつ、
私と同じ車の皆さんをとりあえずホームへ!
そして、その足で駅構内をダッシュ!もう1台の皆さんを迎えに行きました。
ニューデリー駅。ここ、もの凄い広いんです!
しかもうるさく、ドライバーの声が聞き取れない!
なので、裏入り口から来る階段へ…到着した時に、
ドライバーと一緒に皆さんも階段を上っていました!
出発時間ギリギリになり、
同じホームに来ていた反対側の列車に乗り込もうとしてしまったりと、
私がかなり焦ってしまいましたが、無事に乗車出来て一安心…。

③バラナシ到着日…
ヒンドゥー教の巡礼で交通規制の日だった件。
そう、8月の毎週月曜日は、ヒンドゥー教巡礼の祭りのため、
交通規制があったんです…。
そのため、駅からのオートリキシャーが入れる道も制限され、
運転手も裏道を行くが、通れずUターンしたり…。
ゲストハウスへ向かうための、大きな道も巡礼者がわんさかいて、
「こんな所行くの?」「人混みがヤバい…」
などと、本当に皆さんには疲労困憊させてしまったのに、
愚痴1つ言わずに頑張って頂き、感謝しかありません!

④インド警察の偉い人と対決!の件。
アーグラー観光の際も、車2台で出発!
タージマハル観光の前に、レストランで朝食を取るため、
タージマハル南門への道を目指しました。
南門方向へ入る前の、大きな交差点で、
「南門方向の道へは、許可証がない車は入れない!」
と警察が断固拒否。
ドライバーもごねるが、全然許可してくれない状態。
そこで私は車を降り、警察官へ交渉してなんとか中へ入ることが出来ました
同じグループだと言うように、もう1台のドライバーへ連絡するが、
待てども待てども来ない…。
「もしかして、駄目だったのか?」とドライバーへ連絡。
案の定、他の道へ行く方向を指図されたという。
そこでまた私は車を降り、全力ダッシュ!!!
皆さんと警察も待つ交差点へ戻り、
交渉した警察官へ再度説明したが、「駄目だ!」との一点張り!
全然諦めない私に、警察官が「あそこに上司がいるから、彼に話せ!」と言う。
一縷の望みを託し、警察のお偉いさんへ交渉に向かうため、
「私を避けて!」オーラを出しながら、交差点を猛ダッシュ。
交渉の末、「それは駄目だよ!南門今閉鎖しているよ!」
「ん?南門閉鎖?」
それは、この道を行けても意味が無い!
なので、予定を変更して別のレストランへ行くことにしたのでした。笑

本当にインドはハプニングが付き物です!
毎回やられますが、もう慣れました。笑

でもその度、皆さんの協力に、毎回助けられています!
今回も本当にありがとうございました!!!

無事にタージマハルも観光出来、こんな素敵な写真が撮れました☆


オンザロード主催☆第16回スタディーツアー!

ナマステ☆
大変ご無沙汰していました、すみません!
これから、ドドドド〜っと、こちらで学校の様子をアップしていきますね♪

まずは、お盆休みに催行した、

【オンザロード主催☆第16回スタディーツアー】

ありがたいことに、今回で16回目を迎えました。
沢山の方々がこのツアーに参加してくださり、
ここまで来ることが出来ました!

今回は、高校生、大学生、社会人と様々な顔ぶれ!
男性1名、女性6名の合計7名様のご参加☆



【皆で本場インド料理を堪能中♫】


初日と最終日は、デリーとアーグラー観光をして、
中日3日間はバラナシを堪能のスケジュール!
5日間の短い時間、ありとあらゆるハプニングも起き、
冷や汗もかいた添乗員のスタッフひろよ…笑。
ハプニング集は、後日また♡


マザーベイビースクールの子どもたちとは、2日間の交流をしてもらいました。
初日は、子どもたちと一緒に、

【名前暗記ゲーム】
【ヨガラジオ体操】
【折り紙】を行い、とても楽しみました!



【名前暗記ゲームで、「間違えてしまった!」顔のアカンチャ!】


【ヨガラジオ体操を習得中〜☆】


【見よ!このカージャルのしなやかな動き!笑】


【屋上で皆で体操中〜!】


【MBSの子どもたちは結構身体が硬い…笑】


【皆で作った折り紙は、学校玄関の壁の装飾♬】



2日目。この日は、8月15日。
1947年にインドがイギリス領地から独立をした「独立記念日」!
全校生徒でこの日を祝いました。
インド国旗やサンバイザーをかぶり、
国歌斉唱・国旗掲揚をしてから、この日が何の日なのかを先生から説明。



【屋上にて整列!】


子どもたちが毎週土曜日の音楽の授業で特訓した、
歌やダンスも披露しました。
参加者の皆さんの前で、少し緊張しながらも練習の成果を発揮出来たかな?!



【ピンキー(左)&カージャル(右)は、恥ずかしいので2人で一緒に歌を歌いました♡】


【普段大人しいワンス、華麗なダンスを披露☆】


【緊張していた?!ジェシカ、思い切りダンスを踊りました♡】



その後は、参加者考案プログラム!
今回は、【筆ペン書道】
皆さんがペアになった子どもたちの名前を漢字に直し、
筆ペンを使って練習と清書、その周りをデコレーション☆
漢字に慣れていないので、象形文字みたいになったり(笑)していましたが、
皆熱中しながら書いていました☆


【書き方を丁寧にレクチャー☆】


【先生も挑戦!!】


シールやテープ、布などで可愛くデコレーションもして、
世界にたった1つのネームプレートが出来上がり、大満足♡
マザーベイビースクールでは、日本語の授業はありませんが、
こうした時間に色々なことを知ることが出来ています。
子どもたちは、日本人の方々が来るのを、とっても楽しみにしているんですよ!
そして、お別れの時が来て…名残惜しい気持ちを拭い、
皆さんはアーグラー出発のため、学校を後にしました。



【似顔絵まで描いてくれました!そっくり!!】


【それぞれのネームプレートが完成!】


そして、このツアーの醍醐味の1つ、忘れてはいけません…そう!

バラナシフリータイム!!!
インド伝統楽器を習う・アーユルヴェーダマッサージ・激安お買い物ツアー・
インドのスーパーへ行こう・ママのカレー教室・インド伝統衣装オーダーメイド・
お洒落雑貨店買物・本場チャイ茶葉屋さんへ・バラナシ1美味しいラッシー屋…
などなど、出来る限りの要望を体験して頂くことが出来ました☆

インドはインプットが多い国。
この短い5日間では、頭の中が処理出来ない!
しかも、この濃厚なスケジュールで、身体もフル回転!
皆さん、それぞれに感じたこと、知ったことが沢山あったようです。
今後、日本に帰国してからも、このインドでの体験を自身の糧にして欲しい。

そして、

「インドを思う存分楽しんで帰ってもらう!」
添乗スタッフひろよの願いも届けることが出来たみたいで、無事に終了出来ました。


このツアーは、皆さんの協力があってこそ…
子どもたちを楽しませたい!一緒に何かやりたい!インドを知りたい!

「ええええ?????」と思うことも沢山あったと思うけど、
それもこれもインド!国が違えばこうも違う!
こんな体験、あなたもしてみませんか?


次回の催行予定は、9月16日〜20日のシルバーウィークです。
詳細はこちらから!
沢山の方々のご参加、お待ちしています☆

オンザロード主催☆第17回スタディーツアー
【日程】
第17回:9月16日〜9月20日(5日間)
 
【ツアー代金】
70,000円
  
【締切り日】
第17回:9月2日(日)

※最大15名で締切ります!

https://otr.or.jp/topics/ind_2017_0823_14.php